App.Configの 要素について

'System.Configuration.ConfigurationException' のハンドルされていない例外が system.dll で発生しました。
追加情報 : 構成セクション AppSettings を認識できません。

AppSettingと書くと認識してもらえません。
appSettingと書きましょう ;(

ちなみに構成ファイルのタグをapp - /App というように間違って書くと

'System.Configuration.ConfigurationException' のハンドルされていない例外が system.dll で発生しました。
追加情報 : 行 '3' の 'appSettings' 開始タグはファイル 'file:///C:/Documents and Settings/oreore/My Documents/Visual Studio Projects/ConsoleX/ConsoleX/bin/ConsoleX.exe.config' の 'AppSettings' の終了タグと一致しません。 行 6、位置 5 です。

でのサービス作成のメモ。[第2回]

Service1.vbをDDNSPing.vbにリネーム
構成ファイルにapp.configを追加
Shared Sub Main()関数のServiceToRunの{New Service1}を{New DDNSPing}に変更する
ここまでで(特に何もしてないけど)一度ビルドして手順が正しいことを確認する。
起動時に設定を読む
 キックするURLと更新間隔をapp.configに設定する。
 app.configの設定をOnStart時に読み出す。
 前回起動時刻を"2000/1/1"とする。(次のTickタイミングで必ず実行させる)

.NETエンタープライズWebアプリケーション 開発技術大全

エンタープライズWebアプリ開発に必要な知識と設計セオリー ―
Sessionオブジェクト
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/entwebapp/entwebapp06/entwebapp06_01.html

blogでのサンプル提示を躊躇する理由

私のばあい、あまり考えずに明日の自分への
メモとしてスニペットを貼り付けています。
プログラム全体を貼り付けることはしないと思うけど、
眺めているうちにもっといいアイディアが出るかもしれないので
覚え書きとして。
NDAなときは当然書けないけど。
BasedStory: http://blog.livedoor.jp/nal_6295/archives/4094835.html